轍のない道へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 023 獣の奏者2(王獣編)

<<   作成日時 : 2010/05/30 23:19   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、記録した獣の奏者1の続編です。


獣の奏者 II 王獣編
講談社
上橋 菜穂子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


獣の医術師の学校に入ったエリン。

怪我をした王獣の面倒をみることになる。

人にはなれぬ、王獣にどうやってエサを与えるか。

野生の王獣を見たことがある経験を生かして、親と子が会話するときにでる

音を竪琴で再現することにしてみた。

これがうまく成功して、王獣の子供(リラン)の命を助けることになる。

これが、今後王獣と付き合っていく転機となる。


獣は、自然にいる姿と保護されている姿とでは異なっている。

それは、巧妙にしくまれた規範というものがあり、

保護されている獣に与えているものがキーになっているようである。

エリンはそれを与えず、育てた。

それにより、今まで、隠され守られてきた掟がどんどんと破られていくことになった。


表面上、エリンになついているリラン。

だが、獣はしょせん獣であり、いつなんどき襲いかかってくるか、わからない。

エリンは苦悩しつつ、怪我をしつつ、その距離の取り方を学んでいく。


この巻では、エリンは卒業し、この学校の教師となる。

また、王獣を操れることで、王獣を聖獣としている王と

背後にいる権力争いと大公との争いにまきこまれていく。

2巻では、真王と大公の争いまで。

さて、次の巻はどうなるや?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

My link

023 獣の奏者2(王獣編) 轍のない道へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる