ブログサイトの移動

今まで私のブログへ遊びに来てくれた方へ えー、特に理由はないのですが、ちょっと気持ちが変わりまして ブログサイトを移動しようと思いたちました。 もしよろしければ、引き続きチェックしていただけると幸いです。 移動先は、こちら↓ http://riichi173.blog57.fc2.com/ 次のブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30「レバレッジ・リーディング」

本田直之さんの「レバレッジ・リーディング」を読んだ。 レバレッジ・リーディング東洋経済新報社 本田 直之 Amazonアソシエイト by 有名なレバレッジシリーズを初めて読んだ。 本書では、ビジネス書の多読について勧めている本であった。 「読書は投資である」とのこと。 1日1冊、年間400冊弱だそうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

029 「三国志24 : 孟獲心攻戦」

孔明による南蛮への侵攻編である。 三国志 (24) (潮漫画文庫)潮出版社 横山 光輝 Amazonアソシエイト by 南蛮を真から降伏させるために、孟獲を5度捕まえて5度逃がし 迎え撃つ孔明。 そのたびに進軍して南蛮の奥地、おそらく、タイとかビルマあたりまで 進んでいった。 いずれ来る魏・呉と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

028「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」

大阪にあるEC studioという会社が 全社員にiPhoneを配布し、しかも通話料(定額制プラン)を会社負担(驚き!)とし、 ツイッターを義務付けたところ、会社の雰囲気がよくなったという事例の話が メインとなっています。 iPhoneとツイッターで会社は儲かる (マイコミ新書)毎日コミュニケーションズ 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

027 獣の奏者「完結編」

獣の奏者、最終巻である「完結編」を読みました。 獣の奏者 (4)完結編講談社 上橋 菜穂子 Amazonアソシエイト by エリンとイアルの子、ジェシも獣の医師になるべく、 学舎へ入学することになりました。 母のもとで王獣の訓練や世話を見てることから当然の成り行きでした。 他国との戦争のため、王獣を訓練す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

026 獣の奏者「探求編」

獣の奏者第3巻を読みました。 獣の奏者 (3)探求編講談社 上橋 菜穂子 Amazonアソシエイト by 真王(ヨジェ)と大公(アルハン)が結ばれ、1つの国となり、 エリンとイアルも夫婦になったその後の話。 この編では、エリンは闘蛇の突然死の調査に乗り出します。 その調査の中で突然死の原因が明らかになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

025 21世紀少年(下)

とうとう最終巻を読みました。 21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)小学館 浦沢 直樹 Amazonアソシエイト by ケンヂはともだちと決着をつけるために、 ヴァーチャルアトラクションの中へ戻る。 現実の世界では、ともだちがしかけた反陽子爆弾が 爆発する危険性が高まっていた。 ヴァーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

024 ジェネラル・ルージュの凱旋

ドラマもやっていることだし、「ジェネラル・ルージュの凱旋」を 読んでみた。 ジェネラル・ルージュの凱旋宝島社 海堂 尊 Amazonアソシエイト by こんどの舞台は、救命救急センター。 ジェネラルと呼ばれ、尊敬と恐れを受けているセンター長、速水が ある企業との癒着が内部告発されることが事件の始まりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

023 獣の奏者2(王獣編)

先日、記録した獣の奏者1の続編です。 獣の奏者 II 王獣編講談社 上橋 菜穂子 Amazonアソシエイト by 獣の医術師の学校に入ったエリン。 怪我をした王獣の面倒をみることになる。 人にはなれぬ、王獣にどうやってエサを与えるか。 野生の王獣を見たことがある経験を生かして、親と子が会話するときにで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

022 Webブランディング成功の法則55

Webブランディング成功の法則55という本を読みました。 Webブランディング成功の法則55翔泳社 株式会社キノトロープ Amazonアソシエイト by 2005年発行の本でもう5年前の本になるわけで、 ちょっと古いかなぁと思いましたけど、 内容はなかなか、読んでいて、いい本だなぁと思わせる本でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白いサイト:リクルート50周年

リクルート50周年記念サイトを見つけました。 http://50th.recruit.co.jp/ それぞれの年代に流行ったことばや歌などがサイト上に ちりばめられているサイトなんですが、 自分が生まれた年を見てみるととても面白いです。 僕が生まれた年は、なんと平均年収が93万円!! ヒット曲は尾崎紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

021 三国志23「孔明の南蛮行」:感想

またまた「三国志(23)」を読みました。 三国志 (23) (潮漫画文庫)潮出版社 横山 光輝 Amazonアソシエイト by この巻は、劉備が死んだあとの蜀のゆくえ。 劉備が死んだあと、魏は、蜀を目指して攻めてきました。 蜀につながる五つの路から大軍を動かしてきました。 迎え撃つ孔明。 さすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

020 獣の奏者1(戦蛇編):なかなか面白い

獣の奏者1巻を読んでみました。 獣の奏者 I 闘蛇編講談社 上橋 菜穂子 Amazonアソシエイト by 本書の部類はファンタジーなんでしょうけど、よくある 剣と魔法の世界ではありません。 ファンタジーの部分は、架空の国と出てくる民族、獣 (ここでは、闘蛇(とうだ)と王獣(おうじゅう))ぐらいでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

019 週刊ダイヤモンド5/15:アップル丸かじり

今週の月曜日に発刊されたダイヤモンドを読みました。 週刊 ダイヤモンド 2010年 5/15号 [雑誌]ダイヤモンド社 Amazonアソシエイト by お目当ては当然、iPadの記事。 特集は、 ・iPad ・iPhone ・アップルの歴史 ・著名人によるI love Macの話 ・アップルストアの話 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

018 三国志22:蜀呉の死闘

これまたひそかに「三国志」を読んでいます。 三国志 (22) (潮漫画文庫)潮出版社 横山 光輝 Amazonアソシエイト by 関羽が死にとむらい合戦へ。 だけど、合戦が始まる前に部下に裏切られ張飛が死ぬ。 こんな死に方だったんだなぁと。 以前、吉川英治の三国志を読んだけど覚えてなかった。 劉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

017:21世紀少年(上)

ひそかに20世紀少年を読んできました。 いまごろ?という気もしますが。 やっと終わるかと思いきや、どうやら最後は、上下巻だそうです。 21世紀少年 上―本格科学冒険漫画 (ビッグコミックス)小学館 浦沢 直樹 Amazonアソシエイト by よく考えてみると、ケンヂの少年時代にまわりにいた人たちで 話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

016「WebクリエイティブのためのDOM Scripting」

最近はやっているjQueryを勉強するためというわけではないが、 JavaScriptの勉強を兼ねて、 「WebクリエイティブのためのDOM Scripting」を読んだ。 WebクリエイティブのためのDOM Scripting (Web Designing Books)毎日コミュニケーションズ 中村享介 Amaz…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

015 「PHPの絵本」

PHPというプログラミング言語を覚えたいなぁと思い、 こんな本を読んでみた。 PHPの絵本翔泳社 (株)アンク Amazonアソシエイト by PHPというプログラミング言語があります。 ホームページは、HTMLという言語でコーディングし、 CSSでレイアウト表現をします。 お問い合わせフォーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

014週刊ダイヤモンド 2010年ツイッターの旅

まぁ、ようやくツイッターを始めた。 なんとなく、めんどくさいなぁと思いつつ、でもやらねばなぁと。 で、参考にしたのがこの本でした。 週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]ダイヤモンド社 Amazonアソシエイト by なんかはやってるけど、ようわからんという人向けの特集号。 入門編、中級…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

013XHTML&CSS超高速コーディング術

仕事の関係もあって、「XHTML&CSS超高速コーディング術」という 本を読みました。 XHTML&CSS超高速コーディング術ソシム 大藤 幹 Amazonアソシエイト by 北海道にある「牧野工房」という会社のコーディング規則をまとめた本です。 正直なところ、コーディング専門会社というのがあるなん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more